■小児の脳震盪後症状が早期の運動再開で減【JAMA】

画像の説明
Grool AM et al. Association Between Early Participation in Physical Activity Following Acute Concussion and Persistent Postconcussive Symptoms in Children and Adolescents. JAMA. 2016 Dec 20;316(23):2504-2514. doi: 10.1001/jama.2016.17396.

 カナダの救急リサーチネットワークに登録された5-17歳の急性脳震盪患児2413例を対象に、受傷後7日以内の運動再開と持続性脳震盪後症状(PPCS)発症との関係を前向きコホート研究で検証。早期の運動再開は再開なしに比べ、28日時点のPPCSリスクを低下させた(未調整解析で24.6% vs. 43.5%、傾向スコアマッチング解析で28.7% vs. 40.1%)。

【原文を読む】
Journal of the American Medical Association
http://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2593568

資料 TMSジャパン
大田区蒲田 発達障害研究所